ラポールを学ぶことで、どんないいことがあるの?



NLPのラポール改めて学んだ行きましょう。


ラポールとは、信頼関係のことなのですが、
NLPプラクティショナーでは、コミュニケーションの前提として、
まずは、ラポールを築くことに集中することが大切だと教えてくれます。


では、どうしてラポールを築かなければいけないのか?
ということを一緒に考えて行きましょう。


次のような質問を想定すると考えやすいのですが、
どうして私がラポールを築かなければいけないの?


では、いくつかある中の一つをお伝えします。
「親密なコミュニケーションを取りやすくなるから」です。


しかし、まだ漠然としていますので、具体的にします。


具体的には、相手が心地よく話せる雰囲気を作ることができるからです。
NLPプラクティショナーで学ぶラポールを意識すると、
相手に合わせて、コミュニケーションを取るようになります。


類似性の法則というものがありますが、
人は、自分に似たものに対しては、安心感や親近感を抱きます。
ですから、相手に合わせてコミュニケーションを取ることで、
心地良い雰囲気を作ることができます。


つまり、相手が安心感や親近感を持って話しやすくなるから。
ということがラポールを使ったほうがいい理由です。


では、NLPプラクティショナーで学ぶラポールを
使わないことで、どうなるのでしょうか?


それは、コミュニケーションが進化しません。
なぜならば、話しやすい人としかラポールを築けないからです。
または、感覚のみでコミュニケーションを取ることで、
相手によってむらが出てきます。


その意味で、NLPのラポールを意識することで、
コミュニケーション能力が高まるだけでなく、今まで以上に、
人間関係の豊かさが手に入るのです。


どんな時に、どのように考えているか?



NLPを使って、相手の価値感を知り、信頼関係を作る。


この点に関しては、前回もお話ししました。
相手の価値感を知ったら、その価値感をあなたも大切にして、
尊重しながら、満たしていくことがとても大事です。


では、相手の価値感を知るための一つの方法として、
NLPプラクティショナーでは、「クライテリア」という質問のスキルがあります。


「◯◯で大切なことは何ですか?」


という質問ができます。
そして、ここからが今回の本題です。


NLPのクライテリアの質問で出てきた答えを、
更に詳しく深堀りしていくことで、相手の価値感を
深く、詳しく知ることができます。


例えば、NLPのクライテリアで「人生で大切なことは何ですか?」
という質問をしたとします。この時に、人(人間関係)という
答えが出たとします。


そうしたら、その場のコミュニケーションでも、その後のやり取りや
関わりの中でもいいのですが、相手の人間関係に関する信念や
考え方に意識を向けます。


意識の向け方の角度としては、
・どんな時に、どのように考えたか?
・どの行動を取る時に、何を考えていたか?


などです。


そこには、相手のビリーフや考え方が見て取れるはずです。
なぜならば、人の反応・思考・感情などは、ビリーフに
基づいているからです。


つまり、相手の根本的な部分を知ることで、理解することや
尊重することができます。それが、信頼関係をより深めていくことに
つながります。


NLPプラクティショナーで学ぶ、
相手の価値感へのペーシングも、深くペーシングするほどに、
効果的になります。


相手の価値感を知り、相手の価値感を満たす



相手と打ち解けるために、信頼関係を築くために
何が必要か分からなかった。けどとてもシンプルだった。


という話をNLPを学んだ男性からお聞きしました。


今回は、コミュニケーションにおいて、深い信頼関係を
築くためにどうしたら良いのか?ということについて
ご紹介していきます。



NLPでは、コミュニケーションスキルの中にペーシング
というものがあります。そして、ペーシングする時に、
相手の価値感にペーシングすることで、深い信頼関係を
築きやすくなります。


ところで、どうしてコミュニケーションで
相手との深い信頼関係を築かなければいけないの?
という質問をされたとします。


言い換えますと、ある程度仲の良い関係なのに、
それ以上に、いろいろと話す必要があるの?
という質問をされたとします。


その時に、次のように答えることができます。


「深い信頼関係を築いている状態というのは、お互いに、
 いつでも、何でも、話しにくいことでも、話せることの
 出来る状態だから」ということをお伝えすることができます。


人は、中々人には言えない価値感に触れるような話、
その人の存在に関する話などをした相手に対しては、
その後は、話しやすくなります。


それは、相手に一度、人には言いにくい一面を伝えているからです。


お伝えしたいのは、相手との深い信頼関係を
築けている状態というのは、お互いに影響力があるということです。
そhして、大切な人間関係にもなるからなのです。


「この人の話なら・・・信頼出来る」などのように、
深いレベルでの信頼関係を築くことができるようになっていくことができます。


NLPのペーシングで深い信頼関係を築くことで、
そのような状態を作り出すことができるようになるのです。


コミュニケーションでわかる人間的な魅力



あなたはどんな人のことを魅力的だなと感じますか?


少しイメージしてみましょう。


コミュニケーションを実際に取ってみて、関わりあった時に、


この人は、
・魅力的に見える
・魅力的に聞こえる
・魅力的に感じる


というかたはどのような方でしょうか?


それは、人の立場に経ってものごとを考えて、見て、
聞いて、感じて、判断できる方ではないでしょか?


それをできている方は多くはありません。
できていない方のほうが多いかもしれません。


ですので、それをできている人は、魅力的に見えます。
そしてそれは実際に、魅力的です。


では、人の立場にたって、ものごとを見て、聞いて、
感じて、考えて、判断できる人とは、どのような方でしょうか?


それは、NLPでいうと第3のポジションを身につけています。
そして、相手の立場に立てるということで、第2のポジションにも
立つことができます。


NLPでは、そのようなことも学ぶことができます。


では、NLPで学ぶ第3のポジション


第3の視点を身につけることで、具体的には
何を得ることが出来るのでしょか?


もしも、あなたが身に付けたとしたら、
今まで以上に、相手や他社に対しての共感r能力を
身に付けることができます。


そして、冷静に相手や樹お経を認識できます。
すると、表面的なメッセージに惑わされることなく、
あなたにとって、ベストな判断をすることが、
できるようになってきます。



そして、それは意識的に使うことで、
だんだんとあなたの資質になって行きます。


アズ・イフフレームで行動しやすい状況を作る



NLPのアズ・イフフレームを使うことで、行動する際に起こる
前回のお話では、心理的な障壁を下げることができるということをご紹介しました。


今回のお話では。心理的な障壁を下げることで、行動しやすい階段を
作ることができるということをご紹介させて頂きます。


例えば、あなたが後輩や部下、お客様の行動をサポートする
立場にあるとします。(自分自信にも使えます)


その時に、NLPセミナーで学ぶ、アズ・イフフレームを使います。
まずは、相手が望んでいるけれど行動できないことを聞きます。


その時に、黄道するかしないかは別であるということを前提に、
相手が本来求めているゴールを聞いてみます。


「もしも、できるのであれば、どのようなゴールを手にしたいか?」
「その◯◯で大切な事は何か?」
「それってどうして大切何ですか?」


などのように質問をしていき、ゴールと価値基準を明確にします。
これらは、NLPセミナーで学ぶ内容でもあります。


その上で、あなたが相手のゴールとギャップを埋めるためのイメージを
描きつつ、相手の方に質問してみましょう。



NLPのアズ・イフフレームを使います。
・もしも、できるとしたら、どうしますか?
・もしも、今からできるはじめの一歩があるとしたら?


などで、最初の一歩を踏み出していただきながら、
少しづつ心理的な障壁を高くしていきます。


徐々に行動のハードルを高くすることで、行動しやすくなります。
階段のように、ギャップを細かい階段にして、設定していきます。


いきなり、2段目にいくのは恐くても、1段目をクリアした上での
2段目の場合は、行動しやすくなります。行動しにくければ、
少しハードルを下げることもできます。


NLPのアズ・イフフレームを使うことで、
登りやすい階段を作ることができます。


心理的な障壁を下げるアズ・イフフレーム



コミュニケーションには二種類あるというお話を
お聞きになってことはありますか?


1、自分とのコミュニケーション
2、他者とのコミュニケーション

今回のお話はどちらのコミュニケーションでも使うことのできる
NLPのアズ・イフフレームのテクニックです。

前回もNLPのアズ・イフフレームをお話ししましたガ、
別の使い方もできるのです。

目的は心理的な障壁を下げることです。
例えば、NLPを大阪で学んだ女性のお話ですが、
仕事上で部下とのやり取りの際に使うそうです。


「あなたはできないと思い込んでいるようだけど、もしも、
 できるとしてら、もしもだよ。できるとしたら本当はどうしたいの?」

この場合のNLPのアズ・イフフレームとは、
部下の心理的な障壁を下げることでフォーカスを変えています。


できないと諦めていた、あるいは思考が止まっている状態の部下に対して、
「もしも」という仮定の話を持ちだしています。仮定の話だと認識することで、
話しやすくなります。なぜならば、心理的な障壁画下がっています。


つまり、過剰なストレスや不安を手放している状態です。
そして、質問に対して話し始めているときには、意識のフォーカスが
切り替わっているのです。


通常のコミュニケーションの中で、NLPのアズ・イフフレームを使う場合は、
「もしも」という仮定の話だと、念を押して認識して頂く必要はありませんが、
思考のフォーカスが完全にマイナスに行っているときなどは、
仮定というのをしっかりと認識してもらうことも大事です。


もちろん、あえてしっかりと仮定の話だと認識しなくても、
さらっと話すだけでも大丈夫です。多くの場合は無意識レベルで
認識してくれます。


NLPを大阪で学んだ女性のように意識的にアズ・イフフレームを
使って見ることは、日常生活でとても使える質問方法になります。


自分とのコミュニケーション




コミュニケーションには二種類あるとNLPでは教えてくれています。


もともとはどこから出てきている言葉かはわかりませんが、
NLPやコーチングで有名なアンソニー・ロビンスさんの書籍の中でも
お話されています。


多くの心理学やセラピー系の書籍などでも言われています。


私たち人間は、自分自信とのコミュニケーションと
他者とのコミュニケーションを行なっています。


NLPプラクティショナーでは、自分とのコミュニケーションを
取る際に、とても有効なテクニックや視点がたくさんあります。


その中から、NLPの「アズ・イフフレーム」をご紹介していきます。


もし仮に、自分の中で行き詰まっていることがあるとします。
そんな時は、NLPのアズ・イフフレームを使うことで、
ある変化を得ることができます。


なんだと思いますか?


それは。思考や感情の変化です。
んぜかといいますと、NLPのアズ・イフフレームは質問をするのですが、
人間の脳は質問をすることでその質問に答えようと集中を始めます。


すると、そこに意識のフォーカスが向いますので、
フォトリーディングしていることに見合った思考や
感情が生まれてきます。


では、どんな質問をするのでしょうか?


「もしも、◯◯なら~?」


というような質問をしていきます。


ですので、自分は本当に目標達成できるのだろうか?
という不安や恐れの中でい行き詰まりを感じているとしたら、
NLPのアズ・イフフレームでこのように質問してみます。


「もしも、出来るとしたら~?」


このように、自分とのコミュニケーションの中で、
NLPのアズ・イフフレームを使うことで、今まで以上に、
建設的なコミュニケーションを取ることができるようになるのです。


可能性にフォーカスする時間を持つ




自分の可能性にフォーカスして行きましょう。


NLPプラクティショナーで学ぶ
メタモデルというものがあります。


以前に、人間の脳は質問をするとそれに
答える性質があるとお話しました。


ですので、NLPのメタモデルの質問をすることで、
私たちは、自分のフォーカスを変えて、
答えを導き出すことができます。


では、今回の質問に行きます。


NLPのメタモデルで可能性にフォーカスしていきます。


NLPを大阪で学んだ男性の話ですが、
営業マンである彼は、とても成績で苦しんでいたそうです。


そんな彼が、どうして結果を出せるようになったのか?
いつも止めることばかり考えていたのに変わったのです。


実は、NLPを学んだ先輩にNLPのことは聞いていたそうです。
そして、自分が変わることができたので、本格的に
自分でお金を払って大阪で学んだそうです。


その営業マンの彼が、
どういう質問を自分にしたかといいますと、
大きくいうと次の2つだそうです。


◯もしも、できたとしたら?
◯止めているものは何か?


もしもできるとしたら、という質問は、
可能性にフォーカスすることができますし、
仮の話として想像できますので、想像しやすくなります。


そして、止めているものは何か?という質問が
とても大切なポイントになります。


NLPのメタモデルでこの質問をすることで、
私たちは、無意識に自分を止めているブレーキや、
自分の足を引っ張っている原因、あるいは
目を背けているものに気づくことができます。


あとは、そこをクリアするだけなのです。


創造的な時間をつくる




人生の流れは不思議です。


例えば、物事が順調に言っている方も入れば、
順調に行っていないと見える方もいらっしゃいます。


しかし、少し先に振り返ると、
順調に行かなくて、t悩んだり苦しんでいる時、
とても私たちは成長したり、変化して、たくましくなっています。


このサイトのタイトルの就活ですが、
順調に行く方、いかない方がいらっしゃいます。


では、今回のNLPの話ですが、
恐れを手放す。不安へ執着を手放すです。


NLP資格のセミナーでは、アウトカムを設定します。
そして、NLPの8フレームアウトカムを使って、ゴールを
設定する際に、私たちは、自分が今できるアクションなどを
選択肢としてあげていきます。


ところで、私たちが希望の光を見失って、
不安や恐れに飲まれているときは、どんな時でしょうか?


それはもちろん一つではありません。


その中で、一つ上げるとしたら、
「可能性が見えない時」ではないでしょうか?


余程、こおろがタフな人は、その中でも可能性を見出していきます。
つまり、選択肢がない状態から、選択肢を作っていきます。


実は今回のNLPの話しでは、ここをお伝えしたいのです。
可能性にフォーカスして、選択肢を生み出していきます。


その為に、新しい可能性に目を向けるのもいいですし、
何かを改善したり、うまくいっている人をモデリングしたりなど、
NLPやそれ以外の方法を活用して、見出していきます。


そして、選択肢が出てきた時に、私たちは可能性を感じて、
そこから希望を見ることができます。そうなった時に、
不安や怖れへの執着が未来への希望に変わります。


その為に必要なのは、NLPでいう「はじめの一歩」です。


そして、その為に必要なのは、一度立ち止まり、
リラックスして、自分のために考える時間をつくることです。


それを、人生にとって有意義な創造的な時間にすることも出来るのです。


どうしてNLPは結果がでるの?





NLPを学ぶことで結果や変化が出るのはどうしてでしょうか?


実は理由があります。
それは、未来と過去に向きあうからです。


例えば、次のような感じです。


何かスキルや手を学ぶということは、
未来へのプラスのアクションです。


NLPでは特有のセルフイメージを高めたりすることも
未来の可能性を高めることです。


NLP資格のセミナーを学ぶ中で、
自分のビリーフを高める、強化することも
未来へ向けた可能性のアップです。


すると、行動自体も変わってきます。


NLPではこのように、行動、能力、信念や価値観、
セルフイメージなどにプラスを与えていくことで、
未来に向きあいます。


では、過去に向き合うとは何でしょうか?
NLPの8フレームアウトカムのなかにある質問が分かりやすいです。


「ゴールを手に入れることを邪魔している障害は何でしょうか?」


この障害が、自分の過去にできた内面的なマイナスの要素の場合。
まずは、このマイナスの要素を取り除くことが大事になります。


なぜならば、どんなにNLPのセルフイメージなどを高めても、
無意識に自分の足を引っ張るマイナスの信念や価値観が
心の中に存在していると、それが障害になります。


ですので、NLP資格のセミナーでは、
自分の障害になっているマイナスの信念や価値観、
セルフイメージなどを改善したり、変容させる
様々なワークを行いながら学びます。


だからこそ、結果が出るのです。
NLPを福岡で学んだ女性が「人生が変わった」というのは、
マイナスを取り除いて、プラスを取り入れるからです。